パターの直進性と距離感が、劇的に改善される方法があります。

 

パターシャフトの最適な重さを「ウエイバーの法則」に当てはめた重さは、

 

約 140~150g となりました。

 

 

せめて・・・・内側のサビが気になるパターシャフトだけ、

 

内側がサビない安定した

 

振動の無電解メッキのシャフトに交換されてはいかがでしょう。

 

 

 

 

 いきなり集中では、何事も難しい。集中にはまずピント合わせが重要。具体的方法として、まず、グリップの握り方をチェック、次に、ゴルフシャフトの表面ミラー光る部分とつや消し部分両面のピント合わせ からスタートし、つや消し部分の集中「コンセントレイト」へ視線を移動させるこが出来る、新しいコンセプトの 禅と侍ゴルフシャフトをお試しください。

 

 

 

Line of sight (視線)の

Matte-area (マット エリア)は、艶消し部分

Matte-area は、「侍」 & 「禅」 シャフト の プラチナモデルだけ。

 

 

従来のスチールシャフト 標準製品の現状とは、

 

  従来のスチールシャフトの現状とは、

 

A)従来のスチールシャフトの標準製品は、表片面のみのメッキ処理加工がほとんどです。

 

b)従来のスチールシャフトの標準製品は、肉厚の不安定な電気メッキがほとんどです。

 

c)従来のスチールシャフトの標準製品は、長期間使用中に内側から不安定な振動の変化を誘発する。

 

ゴルフシャフトはスピンと振動の安定が肝!

 

では、何故・・・・振動が起きるのでしょうか。

 

不安定なスピンと振動の主な原因はメッキの厚みと錆で肉厚が不均一なため です

(なんと数十ミクロンで)。

 

 

無電解メッキの特長 

 

(1) 無電解メッキの表面はメッキの膜厚が均一で安定

(2) 無電解メッキの裏面もメッキの膜厚が均一で安定

(3) 無電解メッキ表面は、錆防止、硬さと装飾が可能

(4) 無電解メッキ裏面は、錆防止が可能

(5) 無電解メッキは、安定した振動が可能

 

 

電気メッキの問題点

 

(1) 電気メッキの表面は、メッキの膜厚が不安定

(2) 電気メッキの裏面は、メッキ無しで不安定

(3) 電気メッキ表面は、錆防止、硬さと装飾が可能

(4) 電気メッキ裏面の、錆防止は不可能

(5) 電気メッキの安定した振動は、不可能

 

あなたのスチールシャフトは裏面にメッキをしていますか?

 

 

シャフトの光(表面)と、影(裏面)の関係

 

1:シャフトの裏面になにも処置をしなければ、「錆」のが自然です。

2:シャフトの裏面の錆の場所や程度がバラバラで鉄の機能が損なわれます。 

 

3:シャフトの裏面の振動が不安定となり球筋も不安定になります。

 

 

裏面(内)サビ防止裏面 皮膜均一メッキのサムライシャフトだけ

 

 

    今、 ゴルフ

 

スチール  シャフトは なぜ」 電気メッキ  だけなのか?

 

精度の維持が難しい電気メッキ、スチールシャフトの提案

 

電気メッキは、

 

精度維持、精密さを求めない、スポーツ、ゴルフ用品、雑貨、玩具、産業用機械に利用されています。

 

無電解ニッケルメッキは

 

電気メッキでは出来ない複雑な形状の部品にも均にメッキ出来る特性から、精密部品等にも数多く応用されています。また皮膜が非常に精密であるために電気メッキよりピンホールが出来難く耐食性にも優れている。無電解ニッケルメッキの用途として、自動車、複写機等の事務機械から、電子機器、航空、船舶、コンピュータなどの電子産業と幅広く利用されています。

 

 あなたは、まだ

 

 精度の不安定な、電気メッキのスチールシャフトを使用されますか?

 

従来のスチールシャフト 標準製品の現状の比較と、サムライ シャフト

サムライシャフトの特徴は、

 

 

正確性と操作性が優れています。

 

 

 ゴルフ用品に多用されている電気メッキよりも化学反応の無電解めっきは、表面にできる膜厚が均一という特長があるため  正確性と操作性がよくなります。

 

: ゴルフ用品に多用されている電気メッキよりも、無電解メッキは、磨耗に強いという特長あります。

 

 

 ゴルフ用品に多用されている電気メッキよりも、無電解メッキは、内部まで皮膜が均一なメッキとなり表裏両面サビにくい最高の特徴があります。

 

 



 

●従来のスチールシャフトの標準製品は、表片面のみのメッキ処理加工の製品は、

シャフト内側にメッキ処理加工がされていないため、内サビ等が誘発されや不安定になりやすい。

 

サムライ シャフト:内側にもメッキ加工処理をする

 

 

●従来のスチールシャフトの標準製品は、電気メッキ処理加工の製品は、

電気の通り具合によりメッキの厚みが変化し、肉厚を均一にするのは難しい。

 

サムライ シャフト:電気メッキから工業メッキの化学メッキにする。

 

 

 

●従来のスチールシャフトの標準製品は、内側から不安定な変化を誘発する製品は、

長期間の使用になれば、表面と裏面のバランスに変化が生じ固有振動数が不安定となやすい。

 

サムライ シャフト:安物のクラブ製品は別、高価なクラブ製品は見えない内側までこだわる。




サムライシャフト、あまり見ない、聞かないのは、なぜ?



サムライ B-Sides スチール シャフトの3大特徴

サムライシャフトのメリット「特徴」とデメリット「欠点」。

 

 

サムライシャフトの「機能の特徴」メリットは、

 

A)内側のサビ防止に強い。

 

B)工業、化学メッキのため、精密、均一なメッキ皮膜

 

C)長期間、安定した固有振動

 

 

 

サムライシャフトの「販売の欠点」デメリットは、

 

A)大々的な広告はしない。

 

B)競技者にPR用の無償提供はしない。

 

C)職人の手作業工程が多く、大量生還が出来ない。

 

 


サムライシャフトに関するお問い合わせは、以下のフォームをご利用ください。

メモ: * は入力必須項目です